忍者ブログ

冬色絵巻

戦国時代 長尾上杉家を中心に、創作漫画とか思ったこととかを書いていこうかなと思っています。 ともむら

だいぶオリジナル要素な部分。

多分一般的なイメージ?通説?と違うとこかなって。


鬼小島さん
→うちの話だと、林泉寺時代からいる。
史料に出てくるのは謙信が栃尾城主になってからなんで、それ以前は不明。
不明だけど、栃尾城主になった直後にいる四人の臣下のうちの一人だし、古い臣下なのかなーって。
そもそも実在するの?とかも言われてたりもしますけど。
最近になって実在わかった山本勘助さんとかいますしー。いたらいいなぁー。
川中島関係書物で名前あったとか見た気がするんだけど、ソース忘れてしまい探し中。
弥太郎ではない小島さんはたくさんいるので、誤解だったらすみません。


柿崎さん
→軍記ものではアホの子猛将扱いが多いみたい。
うちの柿崎さんは頭もよい人です。
外交奉行だったそうなので、教養や頭の回転持ち合わせてないと困るポジションだし。
セクハラなのはオリジナルです…。
分別あるんだかないんだかわからないとか考えた結果。


宇佐美さん
→軍師でないです。
軍師宇佐美は非実在なせいで、実在の人物ではないと何故か言われることもありますが、実在おじいちゃんです。
ちなみに、やんちゃしてる政景さんにおうち燃やされたりした。
※戦…と言うか、多分脅しで。


三郎ちゃん
→若い頃荒れてた…ってのは、北条さんのお手紙見て、自分がそう思ったかんじ。
通説とかではないです。



わりと「?」って思われそうなことなど。
ちまちま。




本編?的な部分がまだわりと謙信初期なんで、
あんまり越後家臣団かけてないですが、
増やしていきたいです…。

拍手[0回]

PR