忍者ブログ

冬色絵巻

戦国時代 長尾上杉家を中心に、創作漫画とか思ったこととかを書いていこうかなと思っています。 ともむら

当主が晴景にーちゃんのままだったら。

謙信って、晴景にーちゃんが喜んでくれるなら、褒めてくれるなら、愛してくれるなら、
いくらでも、誰のでも、死体の山を築き上げて行きそうな気はしてます。

晴景さんが当主のままだったら、きっと謙信はずっと幸せだったんじゃないかしら、とかちょっと思っています。
いいこと悪いことは自分ではなく兄に委ねて、首輪をつけられることで自分を制御してもらって。

「当主」と言うか「支配者」側になるの好きではなさげなイメージです。
好きではないけど、向いてはいたのかなーとか。


あと、人を傷付けるのが嫌と言うよりも、傷付けたことで責められることがツラいタイプ?
人の感情の機敏自体は感じとるのちょっと苦手かと思ってます。
はっきりと責められると「あ、自分は悪いことしたんだ」って理解してしまい、すっごく落ち込むかんじ。

拍手[0回]

PR