忍者ブログ

冬色絵巻

戦国時代 長尾上杉家を中心に、創作漫画とか思ったこととかを書いていこうかなと思っています。 ともむら

綾さまと謙信



頭身高い謙信と綾さま。
綾さまのこの着物の模様、当時の着物で考えると作れるけどあんまり越後じゃ一般的ではないと思う。(織物で模様つける方が一般的のはず)
綾さまの残っている肖像画だと赤のストライプですよね。

そもそも謙信が狩衣姿ってのも一般的ではないけど。

拍手[3回]

PR

ブログのテンプレート変えました。

シンプルめのテンプレートに変更しました。
ブログの背景とか。

テンプレートが崩れている場合は、以前のデータがPCに残っているせいかと思いますので、ブラウザの不要なキャッシュデータをクリアすれば、最新版になるかと思います。

拍手[0回]

弥太郎好きなんですよ。

鬼小島弥太郎さん。



うろ覚えの記憶及び私的解釈で書いてる。

軍記物だけど、弥太郎くん17歳(謙信と出会う前)の初めての戦とか、ちび謙信とニアミスしてるのとか、若弥太郎の一番槍(かっこいい)とかも好き。
それぞれ数行(だったと思う)の謎エピソードだけど。

あと、↑ではコメディに書いてるけど、弥太郎が春日山の鴨食べたエピソードは、お腹がすいていてる酔っ払いだからではなく、度胸試し及び、禁を破っても「俺は」謙信に処刑されないって不遜さの逸話だと思います。

拍手[2回]

ちび謙信と若やたろう




子供って年上の人が自分ができることをできないとすごく嬉しそうに教えにかかるよねとか。
源氏物語ってツッコミ案件多いよねとか。


妄想。

拍手[2回]

柿崎さんとちび謙信




為景さんや晴景にいちゃんトコに来るときに、偶然会う機会くらいはありそうだとは思う。
あと、いつからかはわからないけど、柿崎さんって天室光育さん(林泉寺の住職)と仲良いし。

拍手[1回]