忍者ブログ

冬色絵巻

戦国時代 長尾上杉家を中心に、創作漫画とか思ったこととかを書いていこうかなと思っています。 ともむら

あまり人間のやることは変わらない。

平安時代の庶民のことを書いた本を読んでるのですが、「大鏡」かなんかに、
「仕事忙しすぎて子供産む暇もなかった女性が、子供が多くて困ってた女性から子供を買う」
(買うって表現だけど、今風に言うと養子にしたかんじ)
ってエピソードがあるそうで、
※内容はフィクションだけど、当時書かれたフィクションだから、当時の世相を現してるのかな?
現代でも、子供は好きだけど仕事忙しすぎて産む暇もなかったわーって人多そうだし、
いつの時代も同じこと考える人は多いのだろうなぁとか思いつつ読んでました。


拍手[0回]

PR